円滑な人間関係

引っ越しをしたらそれだけという方は多くいますが、 やはり周囲に挨拶をしてこそ円滑な人間関係が築けるというものです。

これから何か問題があったら助けてもらうこともあるかもしれないので、 引っ越しをしたときにはご近所さんに挨拶をすることを忘れないでください。

しかしその挨拶をしようにも、 いったいどうやれば良いのかわからないという方もいることでしょう。

ここではそんなときに役立つマナーについてまとめていくので、是非参考にしてみてください。

引越し前

引っ越しをする前には、これまでのご近所さんに挨拶をしておきましょう。

特に世話になった方や親しい方には、贈り物を用意するのも良いですね。

絶対にそうしなければいけないというわけではありませんが、 これは気持ちの問題なので自分で判断しましょう。

親しかったのに何も挨拶がなく引っ越しされるというのは、とても寂しいことです。

引っ越すといっても付き合いがそこで完全に終わるとは限らないので、 このことは忘れないようにしましょう

引越し後

引っ越し後の挨拶マナーで大事なのは、できるだけ早めにするということです。

引っ越し後には荷物の整理なども含めて時間がなかなか作れませんが、 それを言い訳にして先送りしていてはいけません。

そもそも引っ越し作業自体は周囲にすぐわかってしまうものなので、 いったいどんな人が引っ越してきたのだろうかと気になっている方もたくさんいます。

だからこそ挨拶は、できるだけ早めにしておいた方が良いのです。

最低限のマナー

引っ越しの挨拶が面倒くさいと思われる方もいるかもしれませんが、 することとしないことを比較すればどちらが良いのかは明白です。

自分がされる側だった場合、一切何もないのと挨拶があるのとでは、 どちらが良いでしょうか。

そこまで人間関係を求めていないという方もいるかもしれませんが、 それで通じるようなものでもありません。

最低限の挨拶でも、しておくことで良い方向に関係を発展させていけるのならした方が良いのです。