パーティに参加する!

社会人になると、パーティに参加する機会は増えると思います。

特にビジネスシーンでは、得意先を招いたり、逆に接待を受けたり、 プライベートとは違って緊張する場面もあるかもしれませんね。

そういう時、パーティのマナーをしっかり抑えておくと安心でき、 自信&余裕をもって対応できます。

ビジネスシーンでは立食パーティが!

パーティにはテーブルに着席して食事をいただく場合と、 立食スタイルでいただく場合とがあります。

ビジネスシーンでの立食パーティでは、移動するシーンも多く、 また多くの方とコミュニケーションを取る機会が多いため、着席スタイル以上に、 気をつけたいマナーやポイントがたくさんあります。

マナーを身につける!

食事の仕方もそうですし、主催者へのご挨拶、会話への参加のしかたや話題、 名刺交換のタイミング、退出のタイミングなどは、ぜひ覚えておきたいですね。

参加の仕方も、多数で招かれたり、上司に同行したり、 会社の代表として1人で参加する場合もあるかもしれません。

視点を変えて、1人で参加している方への気配りも大切になってきます。

招待されるのか、するのかでもチェックポイントは変わってきますね。

立食パーティーは交流促進の場!

立食パーティーの最大の目的は、多くの参加者との交流促進です。

そのために自由度の高いスタイルをとるわけです。

会社関係者複数で招待された場合も、会社仲間で固まっているのはマナー違反。

1個所から移動しないとか、料理を取りに行くだけ、というのも同じです。

主催者にもかえって気を遣わせますし、「パーティ慣れしていないな」と思われてしまいます。

パーティは情報交換や人脈を広げるチャンス!

パーティでは食事よりは会話がご馳走です。

せっかくなので、情報交換や人脈を広げるチャンスだととらえて、 積極的に会話に参加しましょう。

誰もがパーティの場慣れしているわけではありません。

多くの参加者はあなたと同じ立場だと思って、 リラックスして話しかけてみてください。

初対面で話しやすい会話のネタをいくつか用意しておくのもよいですね。

あとパーティでは不可欠なポイントとして、服装やアクセサリー、バッグ、 靴などのドレスコードもあります。

女性はメイクやヘアスタイル、香水などにも気を配りましょう。