ホームパーティー

色々な場面でホームパーティーを開くご家庭が増えてきました。

お友達を呼んで気兼ねないおしゃべりを楽しみながらのサロンパーティーや、 ご家族の昇進・年齢の節目のお祝いのパーティー等 フォーマルめいたものまで多岐にわたることでしょう。

ホームパーティーに招待された場合は、一度じっくり招待状を読んでみましょう。

招待状

口頭で「パーティーをするから」と気軽にご招待を受ける場合もありますが、 正当なパーティーは招待状を受け取ることもマナーの一つです。

招待状には「いつ・どこで・どんな」パーティーをするのか書かれています。

しっかりポイントを押さえておきます。

招待状がない場合でもどのような趣旨で どのようなスタイルのパーティーを開くのかを確認しましょう。

準備・確認

内容を把握したら、当日に向けて準備をしましょう。

ドレスコードや内輪だけのアットホームな雰囲気なのか 招待状を読むだけで少なからず伝わってきます。

また、手土産はどんなものがいいのか、 子連れが可能なパーティーか否か等、読み取ることができない部分に関しては、 主催者のご家族に確認しておかれるとよいでしょう。

パーティーの趣旨

たいていの主催者は「手土産は要らない、子連れでかまわない」と言ってくれるはずです。

ですが、パーティーの趣旨をみると、子どもを連れていけるような雰囲気ではなかったり、 お付き合い度合いに相応してあなたもお手伝いができる立場にあるのであれば、 お子さんを信頼できる場所に預けたり、一品料理を作るなどの準備をしておきましょう。

服装

また服装にも気を遣う必要があります。

平服といっても、ジーンズやラフな格好はNGです。

できるだけ清潔感がある洋服を選び、臨機応変にお手伝いができるように 一枚エプロンを携えていかれるとよいでしょう。

ただし、お手伝いをするのは、主催者家族とのお付き合いが深い間柄である場合のみにとどめ、 事前にお手伝いができる旨主催者とお話をしておかれるとよいでしょう。