改まった席

結婚の許しをもらうために、求婚相手の自宅を訪問するのは誰でも緊張するものです。

けれども、それは両親側も同じだと言えます。

まずは結婚する二人が一緒になってセッティングをするのが大切になります。

日時は相手方の両親の都合に合わせることが重要で、 それまでに面識がある場合でも改まった席であるという認識が必要です。

髪型、服装といった身だしなみには注意をして、 フォーマルな格好ができるようにしておきましょう。

手土産

そして、手土産も重要です。

結婚相手に両親の好みを教えてもらうか、自分の地元の名産品などでもいいでしょう。

気合を入れて高価なものを買う必要はありません。

また、ある程度聞かれることを想定して答えを用意しておくことも大切です。

誠実に

とくに相手の両親を安心させるためには、 仕事や将来に関する事柄についてきちんとした受け答えができなければいけません。

そして訪問時には、最低限のマナーを事前に調べておくことをオススメします。

堅苦しくなりすぎるといっても、 いい加減な態度を見せるよりはよっぽど誠実に見えるものなのです。