アポイントをとる

個人宅を訪問するための準備は、アポイントをとるところから始まります。

あまり先のことを約束しようとしても、先方の予定がわからないこともあるので、 だいたい1週間前くらいには訪問したい旨を伝えるようにしましょう。

正しい手順を踏むならば、手紙で用件を先に伝えておき、 それから電話にて訪問の日時を決めることになります。

その時には、まずは先方の都合を伺うことから始めなければいけません。

そして、相手がいつでもいいと言っても急ぎの用件でない限りは、 今日明日といった直近の日時は避けなければいけません。

訪問の時間帯

さらに食事の時間帯および、早朝や夜などの時間は外すようにしましょう。

10時から11時、13時から15時くらいの間が常識的な時間帯だと言えるでしょう。

アポイントがとれたなら、今度は相手の家までの道順を調べます。

約束の時間に遅れないように、地図をプリントアウトして準備しておくか 、駅からの道順を憶えておくようにしましょう。

車で行く場合は、コインパーキングの位置なども確認しておかなければいけません。

直接訪問の場合

事前にアポイントが取れなかった場合は、直接訪問しなければいけなくなります。

その時も、当日まで電話にて連絡をとってみるようにしましょう。

電話が通じなければ不在であるため、訪問しても誰も応対してくれないのは当然ですし、 当日になって電話が通じることもあります。

連絡がとれたなら、近くまで来ていることと、 こちらの都合での訪問であるため気遣いは無用である旨を伝えてから、 伺ってもいいか訪ねるようにしましょう。