手土産は必須

頼みごとをするために相手宅を訪問する際には、挨拶とマナーが大切になってきます。

まずは先方にアポイントをとって、日時を決めて訪問するのが礼儀だと言えます。

そして手土産は必須だと考えてください。

手ぶらで行って頼みごとを聞いてもらおうというのは、あまりに失礼だと言えます。

高価なものでなくても、相手の好物や喜びそうなものを選んで持っていくようにしましょう。

男性はスーツ

そして身だしなみにも注意が必要です。

落ち着いた印象を与えるような服装であることが大切です。

男性の方はスーツにネクタイが無難だと言えるでしょう。

訪問時には、玄関先からマナーに気を使わなければいけません。

2度挨拶

指定の時間より少し先につくこと。

玄関先、そして部屋に通されてからと2度挨拶をすることを忘れてはいけません。

そして座る位置は必ず下座の位置を確認して、手土産は部屋で渡すようにするのが礼儀です。

基本的には和室の場合は正座、洋室の場合はイスに浅く腰掛けておくのがポイントです。